タイトルイメージ
umi6
umi6 posted by (C)リーヤ
本文へジャンプ
ホーム
TrackMaMarble FX
SURFMAN
Cordless TrackMan FX
メニュー4
メニュー5
メニュー6
番外編 MX Air
TrackMan Marble FX
umi1
umi1 posted by (C)リーヤ

弟のMSのに対抗して購入した記念すべき愛用トラックボール第一号(^_^)v
ロジクール(米国ロジテック社)のTrackMan Marble FX
当時の購入プライスは忘れちゃったけど巷のマウスと比べてもえらい高かった思い出がある。
誰がつけたか通称『ウミウシ』w
おいらもこのヘンテコな形に一目惚れして買っちゃった。

反対側から見るとウルトラマンに出てきた『プクプク』みたい。
絶妙な配置の右クリックボタンが泣かせる。
やはりアメリカ製だけあってサイズはかなり巨大。
指先じゃなく指の腹でボール操作するようなポジションで手のひらを置くとしっくりする。
手のひらをリストレストに沿わすようにするとかなり急な角度がついているので多少違和感があるかも。
使い慣れると気にならなくなった。

umi3
umi3 posted by (C)リーヤ
umi5
umi5 posted by (C)リーヤ

裏返すとゾウリムシみたい。
エルゴノミクスが裏側まで行き届いてます。

ボール部裏の穴は多分ダストシュート穴だと思われ。
因みに発売当時マウスはみんなボール式だった。
ボール式マウスはよくゴミが詰まって動作不良起こしてたっけ。
そんな中でこのトラックボールは光学センシング方式で多少のゴミ等お構いなしに動作してくれてかなりストレスから解放してくれた。

現在こいつは他所に嫁いでいて手元にないが、先日カーソルが画面左端に張り付いてどれだけ右に動かしても直ぐ左端に勝手に動いてしまうと出戻ってきた。
Windows XP Sp2にしたところそのようになったとの事。
発売・使用開始からかなり経つのでセンシング部が故障したかと半分諦めていたが、アメリカロジテックサイトからXP用のドライバをダウンロードし適用すると直った。
日本ロジクールではドライバが見つからなかったので同症状の方は自己責任でトライをば(^^)/
無事元気になりまたバリバリ働いているようです。
でも思い返すと色々とトラックボールを使ってきたけどこいつが一番使いやすかったかもとちょっと後悔してます(^_^;)

ボール側から俯瞰。
こっちから見てもヘンテコw
4ボタントラックボールマウスで、下から説明するとボール下のちょっとデカ目のボタンが普通のクリックボタン。
で、上部の赤いボタンはワンクリックするとボールがスクロールボールとして機能するようにロックされ、もう一度クリックすると元のカーソル移動に戻る。
その上の小さな白いボタンは初期状態ではブラウザの『戻る』に割り振られていた(ような気がする。付属ソフトで各ボタン機能は変更可能だった)。

ボールの黒い点々はボール移動量を光学センシングするためのドット。
おいらは気にならなかったけどこの一見毒々しい模様が嫌いな人もいたみたい。
トラックボールは細かい動作が苦手だと思われがちだが、こいつは左側にもボールが露出していて両側から挟むように操作すると細かいカーソル移動もお手の物。
トラックボールでお絵かきする強者も居ると言う

豆知識として…
何故米ロジテックは日本ではロジクールなのか?
ロジクール製品は米ロジテックのバッタ物だと勘違いしてる人もいるようなのでw
両社は同じです。
米ロジテックが日本でロジテックとして商標登録しようとしたらもうロジテックという会社が既に存在してたので駄目だったそうです。
それでロジクールと言う名前になったそうな。
ロジクール製品には『Logitech』のロゴとマークがついています。

ボールを外すとこんな感じ。
小さな長方形の黒い窓は光学センシング部。
ボール支持球はステンレスみたい。
使い込むとフラットスポットが発生するかも?

umi2
umi2 posted by (C)リーヤ