持続化給付金の申請

お客様のプライバシー保護のため記載内容が事実と若干異なります。

お得意様から「持続化給付金のネット申請をしたいけど記入が不安なので見て欲しい」とご依頼です。
噂で申請はかなり分かり難いと聞いてますので用心して出動です!

申請に必要な書類や記帳データはご用意されてますが、スキャナーが使えない状態なのでスマホで添付写真を撮られていました。
それらをパソコンに取り込むのに難儀されていたのでPCとスマホ双方に転送アプリケーションをインストール。
USBケーブルでも取り込めるのですが設定が簡単なのでアプリでやってしまいました。
後は経済産業省のサイトから申請記入するだけですが思っていたよりかは簡単でした。
お客様が事前に申請に必要な書類やDATAをしっかり準備されていたので、該当欄に相違無いように打ち込むだけです。
全て記入したら送信するだけと意外と呆気なかったですが、経済産業省からは何の反応も有りません。
記載違いが有れば送信メールアドレスにその旨指摘が来ると思いますが送った時点では受け取ったの連絡メールも有りません。
ここら辺がお役所仕事なんでしょうか? きちんと送れたのか不安で仕方有りません。

まあ、一先ず送ったのでご依頼は完了したのですがお使いのデスクトップPCが何やら動きが緩慢です。
お掃除ソフトで履歴・レジストリの掃除をしてもモッサリとしてます。
『タスクマネージャー』からパフォーマンスを見るとHDDが100%張り付き状態です。

HDD診断ソフトで見ると『代替処理済のセクタ数』『回復不可能セクタ数』で注意エラーが出てます。
今すぐはどうこう無くても何れHDD障害が拡大してWindows起動不可になりかねませんし、動作ももっと緩慢になっていくでしょう。
お客様にHDD障害状態をお見せしてHDD交換を提案するとご了承いただけました。
ただ自分的にはこの際HDDからSSDにと思ったのですが費用が嵩むので同容量HDDに交換となりネット注文です。
ついでにキー上の文字が擦れていた有線キーボード&マウスを無線の物に交換依頼され同時注文。

後日、HDDの交換に再訪問しコピーマシンでコピーが、何と交換HDDが障害HDDと全く同じ物と判明w
間違わないように気をつけながらコピーしてデスクトップPCに設置しました。

また、PC内に埃が溜まってたのでそれも軽く掃除。特にCPUクーラの放熱フィンに誇りがびっしりでしたので念入りに。
HDD・無線キーボード&マウスを交換すると随分とPC動作が速くなりました。
HDDアクセスも普段は10%以下と好調です。
SSDにすればもっと高速にとは思いましたが、これはお客様のご都合なので今回は任務完了です。
ご利用ありがとうございました

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください