カッティングマシンの拡張子?

お客様のプライバシー保護のため記載内容が事実と若干異なります。

「カッティングマシンのfcm拡張子データがWindowsで読み込めないのをどうしたらいいか?」とご相談です。
カッティングマシン?fcm拡張子? 聞き慣れないのばかりですが後日出動しました!

お客様のお使いの機械がBrotherのCM300というカッティングマシン。
ステッカーやらカードやらに希望のデザインを印刷&カット出来る優れものです。
そのCM300で使うソフトの拡張子にfcmが有りそれをWindows10で使用するのが分からないとの事です。
付属ソフトが有るならその拡張子ファイルは自動で作成されるしそのソフトで見られるのでは?
「カッティングデータを作っても機械で表示されない」そうで見てみました。
CM300はUSBケーブルでPCと接続されPC内のデータでもUSB転送でも指定すれば良いみたいですが…。
お客様はデータをソフト指定のフォルダに作成されていたのですが、CM300で読み込む時にそのフォルダを指定されていないだけでした。
データ転送も出来るのでそれも合わせてご説明してご理解いただけました。

しかし別の問題で、作成ソフトで指定画像を貼り付けてもデータエラーで作成出来ないそうです。
やってみると確かに作業枠内に画像を貼り付けても『カッティング領域にオブジェクトがありません』とエラー表示されます。
???画像は出てるのにオブジェクトが無いとな? 
暫く悩んでソフト左の欄に画像を読み込んでデータにするボタンを発見しました!
どうやら只単に画像を貼り付けただけではレイヤーに表示されているだけでデータでは無いって事で、考えたら当たり前の事でした。
サラリーマン時代に刺繍データを2D CAD処理してたんですがそれでも画像を読みこんでそこからベクトルデータをちまちまペンタブレットで作ってたのでそれと同じでした。
でも最近のは画像からデータをダイレクトに作成してくれるので進化したものです。

あとお客様がもう1台別のPCからもCM300を使いたいけどソフトがインストール出来ないそうです。
やってみるとインストールは途中まで進むのですがVBエラーが出てインストールが止まってしまいます。
どうやらVBが壊れていてダメなようなのでコントロールパネルから一つずつ修復してやるとインストール出来ました。

今回は普段あまりお目に掛かれない機械とソフトを弄れて勉強になりました。
ご利用ありがとうございました。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください