『Tyrrell P34をつくる』vol.11 暫くぼったくり回が続く…

『Tyrrell P34をつくる』vol.10部品一覧

『Tyrrell P34をつくる』vol.11はスイッチ基板の組み立て。

いよいよぼったくり回に突入やんw。
Step1 スイッチ基板の組み立て。

基板にスイッチ部品を

 

固定した基板裏

基板穴部にスイッチボタンを差し込む。
その後基板をひっくり返してスイッチボタンの足をピンセットを使って基板に密着するように引っ張って固定。
これで終了。
いやいや、いかにフルカラーマガジンが付いてるって言ってもこれで1,990円はぼったくりやろ?
こんなの2冊を1冊にして総合数を半分の55号にしてもええやろ?
幾らビックスケールの1/8とは言えこれならプラモデルでも良かったか?

『Tyrrell P34をつくる』vol.10

『Tyrrell P34をつくる』vol.10 部品一覧

『Tyrrell P34をつくる』vol.10はフットエリア下部に左右前輪の取り付け。

フットエリア下部パーツ

Step1 フットエリア下部にパッドをはめる。
6つの指定の穴にピンセットでパッドを押し込んで広げて固定。
フットエリア下部はABS樹脂なんであまり無茶をすると割れる恐れがあるんで慎重に。

左前輪取り付け

Step2 フットエリア下部に左前輪を取り付け。
フットエリア下部を裏返して左前輪のサスペンションマウントをネジで留める。

左右前輪連結

Step3 左右前輪をフットエリア下部で連結する。
左前輪もStep2と同様にフットエリア下部にネジ留め。
これで左右前輪の連結が完了。

次回からは今回完成したパーツに色々なパーツの取り付けやそうです。

スマホをRAIJINにしたけど地雷?


スマホのZenFone2が逝かれた。
一年程前にバッテリー交換して快適に使ってたんやけど、画面をタッチしてないのに無限タッチ状態になって止まらへん。
タッチセンサーか液晶を交換すれば直ると思うけど、費用や時間を考えるともう限界かなと思う。
バッテリー交換した時にある程度は覚悟してたけど一年保ったしまあ頃合いかなと。
以前ストックしてたFREETELのKATANA01で凌ぐとして次のはどうしようか?
本音は新ZenFone5が欲しいけど流石に高すぎる。
(続きを読む…)

スカパー!チューナー交換


テレビをほとんど見なくなっててスカパー!ばっかり見てる。
LANーHDDに録画してるんやけど最近になって録画に失敗する事が増えてきた。
HDDの寿命か?と思ったけど、ある朝にスカパー!画面がフリーズしてるw
チューナーを再起動したら放送は見られるようになったけどやっぱり録画出来てない。
こりゃチューナー自体が寿命っすな? そういや普通に放送見てても偶にスローになったり、録画がコマ送り状態になったりしてたっけ?
カスタマーサービスに電話して状況を報告。
長期間使用してたのもあってあっさりとチューナー交換となった。
けどもう使用してるチューナーが生産してないって事でHUAWEIのCS-HD300からPanasonicのTZーHR400Pに交換。
注意点としてTZーHR400Pは筐体正面にディスプレイが全く無くて(インジケータのみ)、CS-HD300のように放送チャンネルや時間表示されないって。
チャンネル表示されないのは地味に不便やけどまあそれくらいなら我慢出来るかと交換承諾。
あとTZーHR400Pには新しいCSカードが付いてくるのでそちらを使用してくれって。
(続きを読む…)

「Windows 10 April 2018 Update」で起動不可

お客様のプライバシー保護のため記載内容が事実と若干異なります。

「PCがスクリーンセーバー状態から復帰しないので見て欲しい」とのご依頼です。
普通はマウスを動かしたりキーボードの任意のキーを押すと復帰するのですが…。出動です!

準常連様でPC構成は把握してるので早速修理開始なのですが、実は2台有ってもう一台も起動せずでこちらはWindows10の修復画面で止まってます。
まず一体型PCのスクリーンセーバー案件のから。

Escキーを押してもダメで、タスクマネージャから再起動。
するとこちらもWindows10の修復画面になります。
先日WindowsUpdateの「Windows 10 April 2018 Update」のインストールが始まってるので多分これに両機とも失敗しているようです。
修復画面の『スタートアップ修復』を試してもダメで、両機とも『システムの復元』の最古ポイントを試すと復元が出来てデスクトップ画面が表示されました。
一体型PCでスクリーンセイバーを試すとまたセイバー状態で復帰しません…。
指定スクリーンセーバーがWindowsLive!写真になってます。WindowsLive!は確かもうサービスが停止してるのでは?
他のスクリーンセーバーを試すとどれも正常に復帰するので多分これが原因なので、お気に入りの写真をセーバーにしたいなら写真フォルダを指定してくださいとご説明しました。

もう一台のデスクトップPCは復元後は正常に起動し使用出来るようになりました。
ただしこのままではまたWindowsUpdateが始まり起動不可になるので『Windows10 設定変更ツール』でUpdateを一時停止してやりました。
これで一ヶ月程様子を見ていただく事となりました。
Windows10Proだと30日間Updateを止めたりダメなUpdateバージョンを飛ばしたり出来るのですが、Homeだとこのようなソフトやレジストリを弄らないとUpdateを停止出来ません。
Macだと製品種類がそう多くないので問答無用のUpdateでも良いかもしれませんが、無限の組み合わせのWindowsだと強制Updateは無理があると思います。
毎月の小幅なUpdateは大丈夫でも大規模なのは注意が必要です。
ご利用ありがとうございました。

『Tyrrell P34をつくる』vol.09

vol.09パッケージ一覧

『Tyrrell P34をつくる』vol.09はお待ちかね、右前輪の組み立て。
やっと散らばった部品が片づくw

スイングアーム

Step1はスイングアームの組み立て。
スイングアームコントロール本体にスイングアームを両側から填めるだけ。

ヴァーチカルリンク

Step2はヴァーチカルリンクの組み立て。
ベース部品二つの間にリンクロッドとフック部品2つを挟んで圧着。外れるようだと接着剤で固定しませう。

ロアアームダンパー

Step3はロアアームにダンパーを取り付け。
vol.7で製作したダンパーをこれまたvol.7に同梱していたロアアームに差し込む。
だったらvol.7でやっとけって話しやん。
あ、ロアアームに差し込むのはダンパーの接着したほうのマウント持って差し込むように。

ロアアーム&ヴァーチカルリンク

Step4はロアアームとヴァーチカルリンクの連結。
ヴァーチカルリンクの取り付け方向を確認して小フックをロアアーム内側の突起に填め込む。

スイングアーム固定

Step5はサスペンションマウントにスイングアームの固定。
Step1で組み立てたスイングアームをシャフトでサスペンションマウントに固定する。
シャフトはマウントの裏側から挿入するんやけど、マウント穴がギリギリで中々貫通しいひん。
あまりにもギリギリなんでピンバイス(模型用の極小手動ドリル)で若干穴を削って広げた。
広げ過ぎるとズボズボになって固定出来ひんので注意が必要なんでお勧めしません。

アッパーコントロールアーム

Step6はアッパーコントロールアームの取り付け。
vol.8に同梱のアッパーコントロールアーム2つをそれぞれマウントに差し込んで取り付け。
ロッド先端から差し込んでフックを押し込む。ちょっと力が必要かも。

サスペンションユニット完成

Step7はロアアームとダンパーの取り付け。
サスペンションマウントにStep3で製作したユニットを取り付け。
まずロアアーム先端の4つのフックをマウントの支柱に固定してからダンパーのフックをアッパーコントロールアームのロッドに押し込む。
その際、スイングアームは内側に倒しておくべし。忘れると後で泣きを見る。

ディスクブレーキユニット連結1
ディスクブレーキユニット連結2
ディスクブレーキユニット連結3

Step8でディスクブレーキユニットを連結。
vol.6&8で製作したディスクブレーキユニットをアームと連結。
先にスイングアームのフックを填めてからアッパーコントロールアーム、ロアアームのフックに填め込み。

ホイール装着

Step9は右前輪の装着。
vol.7で製作した右前輪2つをディスクブレーキユニットに差し込みホイールワッシャー・ホイールナットの順にナットソケットで締め込む。

ダストキャップ装着

Step10はホイール裏にダストキャップの装着。
Step9で組み立てた前輪部にガタつきが無いか確認してからダストキャップを各ホイール裏から接着剤で固定。

これでやっと左右の前輪が完成!
今回が行程が多かったけど次回からは噂の組み立てぼったくり回が暫く続くのでご勘弁を。

『Tyrrell P34をつくる』vol.08

vol.08パッケージ一覧

『Tyrrell P34をつくる』vol.08は右第2前輪のディスクブレーキの組み立て。

ディスクブレーキユニット

Step1・2でディスクブレーキを組み立て、ホイールハブ差し込み。
次にナックルスピンドルを接着剤で全体部品を固定。
この工程は左前輪でもやったので楽々。

Step3で長ネジ固定。
組み立てたブレーキユニットに長ネジをドライバーで締める。
かなり長いのでドライバーを垂直に立てて力を込めてネジ込み。

さて漸く次回は右前輪の完成?

FAX複合機設定とワンクリック詐欺

お客様のプライバシー保護のため記載内容が事実と若干異なります。

どうにも出来なかった案件2件。
1件は知人からの依頼である団体様のパソコン更新をお受けした案件。
現在お使いのPCがかなりくたびれて何をするにも余りにも遅くてお困りでした。
予算的に厳しいので低価格でPCを探して欲しいとの依頼ですが、幸運にも最近これまたリプレースされた別団体様からPCを譲り受けられました。
中古となりますが状態はかなり良好なのでご報告した結果このPCを設置設定させていただく事になりました。

お伺いして現PCからDATAを取り出し準備完了。デスクトップPCなのですが何とフロッピードライブが付いてました。
何時の時代のPCかと思いましたがOSはVISTA Pro。法人モデルのようでした。
(続きを読む…)

『Tyrrell P34をつくる』vol.07

Tyrrell P34 Vol.07パッケージ

『Tyrrell P34をつくる』vol.07は右前輪とダンパーの組み立て。

タイヤにインナーチューブ装着

Step1でタイヤにインナーチューブ装着。
タイヤは中空でフニャフニャなのでインナーチューブを装着する。
サイズがきっちりなのでインナーチューブを押し込んで填める。
前輪はダブルなのでもう一組も同様に。

ホイールリムにタイヤ装着

Step2で上記のタイヤをVol.6で組み立てたホイールリム装着。
その際にタイヤの向きに注意。組み立て図をよく見て間違えないように斜め45度で回転しながら装着。
勿論、もう一組も同じように装着。

ダンパー

Step3でダンパーの組み立て。
指定部品2つを接着剤で先に接着。
完全に接着してから(5分ぐらい放置)バネを挟んでもう一つの部品を接着した部品に差し込んで90度捻ってロック。
同様にもう一つ組み立て。
タイヤは良いっすねぇー。実車感があるっす。

ファイルやフォルダのタイムスタンプ変更

お客様のプライバシー保護のため記載内容が事実と若干異なります。

最近NASの設置設定をさせていただいたお客様から「NASに移動したファイルやフォルダの日付がおかしいので直して欲しい」とのご連絡です。
何か設定で失敗したのか? 急ぎ出動です。

現状をお聞きしながら拝見すると最近作成されたファイルやフォルダも日付が過去になるし、過去に作成した物が全て例えれば2010年8月とかになってます。
そのフォルダ内のファイルを更新してもフォルダ日付は過去のまま。
どうやらその過去の日付は作成した物を外付けUSBのHDDにコピーした物のようです。
(続きを読む…)